8か28
ゲームコンポーネント(内容物)

カード51枚 宝石(赤15個:1個=2ポイント、青55個:1個=1ポイント)
日本語説明書1冊
・宝石の取り合いと読み合い!

箱の表面はゲームタイトルの8.28が大きく書かれていて、余計なイラストが無いシンプルなデザイン。
宝石は樹脂で造られた赤と青のアイテム、カードは紙製で一般的なトランプサイズなので箱全体のサイズは小さめ。
カードの内訳は1~10の数字とカード1枚で1や11になる特殊カードが存在しています。
説明書はカラーイラストでわかりやすく、ルールもシンプルで遊びやすいゲームです。

遊び方

対象年齢8才~大人 プレイ人数3~6人
プレイ時間20~30分
・相手との駆け引きとハッタリで宝石を狙う!

各プレーヤーは山札からカードを他のプレーヤーに見られない様に1枚取って自分だけ見た後に伏せて前に置きます。
ディーラー役を決めて2つのアクションを行います。
・青い宝石を一つ取って中央に置きます。
・時計回りの順で1人ずつに、カード1枚を欲しいか欲しくないか聞いていきます。
カードを取ったら表にして、最初に取った裏向きのカードと並べて置きます。
欲しくない場合はパスを宣言します。
1周したらディーラーになった人の左隣の人が新たなディーラーになって同じ事を繰り返します。
全員がカードを受け取らなくなるまで続けていきますが、1度パスしたプレーヤーも新たに順番がまわって来た場合カードを取る事ができます。
中央に貯まっている宝石をカードの合計が8の人の取り分と28の人の取り分に等分にします。
余った場合は次のラウンドにプールされます。
宝石はカードの合計数が8かそれに近い数の人に獲得権利があります。(合計数が28の人も同様)
ただし、プレーヤーの中に8と28の両方をまかなえるカードの組み合わせを作った人がいた場合は中央にある宝石を総取りする事ができます。
最終的に宝石のポイントが高いプレーヤーの勝利です。

感想

説明書に載っていない事が重要になるゲーム!

このゲームをわかりやすく言うとブラックジャック。
トランプのブラックジャックと違うのは、勝ち筋が大きく分けて3つあること。
相手が何の数字を作っているのか、見えているカードから予測していく事が必要になってくる。
探りをいれるための会話や相手の表情、目線などがヒントになる場合がある作品だ。
箱も小さく旅行先やパーティー等に気軽に持って行けて時間も少なめなゲーム。
年齢と人生経験を重ねるほど面白さを感じる!そんなゲームです。