チャオチャオ!
ゲームコンポーネント(内容物)

ボード、サイコロ、筒、プレーヤーコマ7個・4組、説明書。
箱の中に吊り橋!?ゲームフィールドがすっぽり!

箱のデザインがジャングルをイメージしている作りで、
これからゲームをする人の期待感を盛り上げています。
箱の中はコマが進むゲームフィールドがセット出来る様に作られていて、
場所を取らないコンパクトな作りです。
ボードの中にはゲームで使用するギミックの谷間に架かる吊り橋が上手く表現されています。
サイコロやコマも温かみのある木製です。

遊び方

対象年齢(8才~大人) プレイ時間25~30分
ゲーム説明(2~4人用)
プレーヤー同士の駆け引きが面白い作品です!

各プレーヤーは7つのコマを持ってゲームスタート。
吊り橋の前からコマを1つずつサイコロを振って対岸のマスに進めます、
対岸のマスに自分のコマを3つ渡らせたプレーヤーの勝ちです。
プレーヤーはサイコロを筒の中で振り、自分だけ中を覗いて数字を宣言します。
サイコロには、1~4の数字とバツ印が2つプリントされています。
宣言を聞いた他のプレーヤーは、順番に1人ずつ宣言がウソかホントかを当てていきます。
他のプレーヤーが指摘しなければ、ウソであっても宣言した数字分コマが進みます。
ウソを指摘された場合、ウソを言ったプレーヤーのコマを吊り橋から谷底に落とします。
ただし、宣言した数字が筒の中のサイコロと同じ場合、
「ウソだ!」と指摘してしまったプレーヤーのコマを谷底に落とさなくてはいけません。

感想

吊り橋を本当に渡っているかの様なドキドキゲーム!

何と言ってもこのゲーム最大の特徴、サイコロのバツ印!
必ずウソの数字を宣言しなければならないので、どう乗りきるかがプレーヤーの腕の見せ所です。
手軽にブラフが楽しめる作品です。
完全日本語版なので問題なく遊ぶことができます。
「チャオチャオ」とはバイバイの意味、自分のコマが谷底へバイバイしないようにゲームを進めましょう。