ワードバスケット
ゲームコンポーネント(内容物)

言葉を使うゲームなのにアクションの要素が入っている、頭と体両方使うゲームです。

日本語説明書、カード、箱。シンプルでわかりやすいデザイン!
「あ」~「よ」の文字カードは大きな字で書かれていて、小さい子からお年寄りまで見やすく作ってあります。
説明書はイラストや大事な箇所を赤字でプリントしているなど、解り易く見やすい作りになっています。

遊び方

対象年齢(10才~大人) プレイ時間10分
ゲーム説明(2~8人用)
しりとりだけど、コントロールが重要!?

このゲームのルールは日本に馴染みのある「しりとり」です。
手札5枚を各プレーヤーに配って準備します。
各プレーヤーの中央に底箱を置いて、中にひらがなカードを入れてゲームスタート。
箱に入れた文字から始まり手札の文字で終わる3文字以上の言葉を考えて、
思いついたプレーヤーが語尾になる文字カードを箱に投げ入れつつ完成させた名称を言います。
今度は新しく投げ入れられた文字カードから始まるものを考えていきます。
このゲームには順番は存在しません、箱の中のカードと自分の手札のカードで言葉が出来ればどんどんカードを減らしていけます。
先に手札を無くしたプレーヤーが勝利です。

感想

早さと言葉の知識が勝負をわける!

このゲームを初めて遊んだ時はしりとりだから簡単だよ!と思っていましたが、
いざ始めると・・・最初の言葉と最後の言葉が決まっているたったそれだけで言葉が出てきませんでした。
そしてこのゲームには順番が無いので、どんどんカードが投げ入れられて焦って余計言葉が出てきません。
言葉が解っていてもカードが箱の中に入らないと言葉を完成させた事になりません。
またカードの中には文字数が決められているカードやワイルドカード等特殊なものもあります。
5文字で言葉を作れ!や「ア行」の中から選ばないとダメだったり、このようなカードがほどよいアクセントとしてゲームを彩っています。
子供同士も勿論ですが、大人同士でも意外と盛り上がるゲームです。